院長のひとりごと

2021.08.09更新

今日は台風が西日本を通過していきましたが、風の強い中、実家に行ってきました。その帰途、高速道路の先の方で多くの赤色灯の点滅が認められるので、最初何か大きな事故でもあったのかと思いましたが、近づくと警察車両が連なって走行しているのでした。皆赤色灯等を点灯しながら走っているので、なかなか壮観でした。護送車が多くを占めていましたが、ナンバープレートをみると島根、福岡、北九州、神戸など西日本の遠くに所属している警察車両ばかりで、ああそうか、昨日オリンピックが終了したために、東京都の警備の応援にかり出されていた車両かとわかりました。そうわかるとこの警備にかり出されていた多くな警察官の方たちは、警備の仕事に従事し、近くで行われていたかもしれないオリンピックの競技の直の観戦どころか、テレビ観戦ですら満足にできずに帰途についているのだなあと、仕事とはいえ本当にご苦労様でしたと感じざるを得ませんでした。オリンピック競技については、スポーツマンがこれを目指して日々鍛錬、練習を続け競技への参加を目指してきた訳なので、テレビ中継で中継されれば、感動を呼ぶシーンがあちらこちらで見られたのは当然でしょうね。メダルの数も最多となり、みんなの努力が多く報われて様々な感動の中、終わりました。ただ、このコロナ感染の拡大の中で無観客で行うという政府の決断とコロナ感染拡大の状況を見ると、果たしてこの状況下で行うことが適切であったかと疑問は残ります。またさらに言わせてもらうと、IOCが競技会の開催や開催地の決定権を持ち、まるで巨大企業のようになってしまっていると思います。おそらく開催に関しての大きな影響を及ぼしていたとも思われます。いつの間にか巨大企業化してしまったIOCは本来のオリンピック競技会の発足の理念からもうすっかりかけ離れてしまっているのではないでしょうか。アメリカのテレビ局の放映時間に合わせて競技時間を決めるなども金儲け主義の最たるものではないでしょうか。維持にはそれほどお金がかかるといわれるかもしれませんが、そのために競技会がゆがめられてしまっているのは本末転倒の最まるでたるものではないでしょうか。まるで4年に一度のIOCのショウになってしまっているのではないでしょうか。バッハ会長が無観客行われたために収入があまり入らなくて、競技場を新設したことに対して、新しい競技場はこれからも使用できるので無駄な出費ではないようなことを行っていましたが、いらんお世話です。巨大化して金儲け企業化したIOCは一度解体して、原点に戻って、もっと質素なボランティアに近いものに作り直すべきではないでしょうか。

投稿者: いくたウィメンズクリニック

  • 女性の体と機能に関するぺ一ジ
  • 女性の為の健康生活ガイド『ジネコ』
  • 当院取扱いサプリメント