院長のひとりごと

2020.04.15更新

とうとう医療崩壊の序章が始まりましたね。どうもこんなことをしていると最悪の事態になりかねませんねえ。大体PCR検査を受けるのに保健所や情報センターの許可が無いと出来ないという愚かなシステムにしたままなのがまず間違い。無闇に検査をすると医療崩壊に繋がるとテレビでコメントしている医者をテレビでよく見ましたが、頭おかしいのかなと思ってしまいました。感染しているかも知れない人たちを感染と診断してしまうとベッドが無くなるというのは浅はかな考えとしか思えませんねえ。やっと少し行おうとしてきた感染者で軽症者はホテルだとか、最悪あなたは感染者なので2週間は少なくとも自宅で様子を見ていてもらいますでいいと思いますよ。もし症状が悪化したらその時点で病院に収容すればいいのであって、感染している人を診断してしまうと困るので検査せずに野放しにして感染を広げてしまうと言うことの恐ろしさを考えていないのでしょう。目先のベッドの埋まることを心配ばかりして、最終的には崩壊してしまうのに。さっさと他の国で行っているようにドライブスルーのように検査を行っていくか、どこかに拠点を作って検査をどんどんして陽性と思われる人の後の行動や症状の出具合のチェックを大がかりにするべきでしょうに。検査を保険の適応にしましたとかもいっていましたが、自由に検査も出来ないものを検査料を保険の適応にもへったくれもないでしょうに。それと緊急事態宣言出るぞ出るぞとお化け屋敷のように言われて、いざ出てみれば、なんじゃこれ??です。出すならいっそ2週間だけは皆さん店を閉じて、仕事にも行かないでくださいと言って外国のように厳重に人の接触を禁止してしまえば、2週間だけならまだ会社もお店もなんとか我慢してもらえたのではないでしょうか?だらだら自主規制みたいにやっていくと本当にお店など立ちゆかなくなります。アルバイトを解雇したりするようになります。2週間だけ我慢して、その分をある程度保障しますと言い切ればいいのですが、あっちのいけんこっちの意見を聞いて中でうろうろしていては中途半端なことをしているのが最悪です。この決断(独断的でもいいのですが)を行えるかが上に立つものの力量でしょう。こういうときに大英断を行えない(結果的には後によかったと評されるか悪かったと評されるかは別にして)と経済状態はどんどん悪くなって言ってしまいます。乱世の英雄という言葉がありますが、今が乱世ではないでしょうか?

投稿者: いくたウィメンズクリニック

  • 女性の体と機能に関するぺ一ジ
  • 女性の為の健康生活ガイド『ジネコ』
  • 当院取扱いサプリメント