費用について

一般婦人科診療の費用(4月からの料金です)

妊娠の診断 5,000円
月経の移動 3,240円
緊急避妊※1 4,320円
IUD(リング)装着 32,400円
IUD除去
(使用してあるIUDによります)
5,400~10,800円
低用量ピル※2 1,080円+2,160円×月数
妊婦検診 5,000円
性行為感染症検査
定期的な検診※3
10,800~19,440円
子宮頸癌ワクチン(サーバリクス)
1回分、3回が治療単位です※4
1回16,000円

※消費税込価格です。

※1

緊急避妊は、なるべく早い受診が重要です。
時間が経過するほど避妊率が悪くなります。副作用やそれを軽減することなどについて詳しく説明して薬をお渡しします。
診療時間内にお電話下さい。ただし、予約の方が優先になりますので、院内でお待ちいだだかねばならない時間があります。
日によっては診療時間が変更されていることがありますのでご注意ください。

基本的には最初に発表されたYuzpe法の原法に基づいた処方を致します。実際にはその後様々な変法が発表されていますが、データとして最も多くの文献が出ているための信頼性と現在手に入る薬剤の関係からです。
2011年6月からノルレボと言う専用の薬が発売になりましたが、原価からはとても考えられないような法外な薬剤の販売価格のため基本的には、当院ではあまりおすすめしませんが、両方の薬の説明をしております。どうしてもノルレボが欲しいと言うことになりますと15,000円の費用がかかってしまいますのでご了承ください。
(※表示の金額はすべてを含んでの金額です。)

72時間以内でないと効果がないと一般に信じられておりますが、72時間を超えて服用した場合でも、直ちに全く効果がなくなるわけではないということもデータで示されております。
ただし時間が経過すればするほど避妊効果が落ちるのは明らかですので、受診されるのなら早いほうがよいでしょう。以前、外国でもモーニングアフターピルという名前があまりにも浸透しすぎたために翌日すぐに服用しないと効果がないと思われてしまい、金曜日や土曜日の夜に避妊に失敗した場合に、月曜日に受診したのでは効果がないとあきらめてしまうことが多いということが問題となったことがありました。

その以外の方法では既にお産を経験してみえる女性の場合で、避妊の失敗の日と排卵の日がほとんど一致していて3日ほど経過してしまっている場合には、子宮腔内にIUDを挿入し着床をさまたげる方法もあります。
この方法の場合でも排卵して5日以上経過していると既に受精卵が着床してしまっていて妊娠を避けられないこともあります。

いずれにしても一人で悩んでいないでご相談ください。

ご自分の体を守るためにもできる限り不必要な妊娠が起こらないように直ちに相談して下さい。このようなことは恥ではありませんよ!!

※2

希望されるシート数によって変わります。
当院のピルは「トリキュラー21・28」「マーベロン21・28」「オーソM-21」「ファボワール21・28」です。「ファボワール」はマーベロンのジェネリックです。
特に初回受診に余分にかかる費用はなく、お薬はすべて同じ価格で1ヶ月分が2,160円(ジェネリックは1860円)で診察・処方料が1,050円となっております。

価格例)

1ヶ月分 1,060円(処方料)+2,160円(お薬代)=3,240円 ジェネリックは2,940円
3ヶ月分 1,080円(処方料)+2,160円×3(お薬代)=7,560円(1ヶ月あたり2,520円)
ジェネリックは6,660円(1ヶ月あたり2,220円)

また、1年に1度くらい血液検査と子宮がん検診を行います。しかし、もし勤め先などで健康診断検査を行ってみえれば当クリニックでの検査は不必要なので省きます。
初回は薬についてもお話を致しますので予約をなさってください。次回からは特に変わったことがないかを院長がお顔をみて確認するだけで薬をお渡しできます。

※3

膣トリコモナス、カンジダ検査、子宮頸部のクラミジア、淋菌検査、咽頭のクラミジア、淋菌検査、梅毒や肝炎HIVなどの血液検査まで検査の種類により費用は異なります。

※4

子宮頸癌ワクチンのガーダシルはコンジロームに対する予防効果もあります。

  • 女性の体と機能に関するぺ一ジ
  • 女性の為の健康生活ガイド『ジネコ』
  • 当院取扱いサプリメント