院長のひとりごと

2012.08.24更新

もう既に処暑なのですね。でも何か処暑なものか暑さは治まってなどいないぞと、昼に照りつけるチリチリと皮膚から音がしてきそうな太陽を背に額の汗をぬぐいながら思っていたのですが、今日の夜クリニックの雑用を片付けて9時頃久屋の通りを渡ろうと思ったときに、おや!風がいつもより涼しいぞと感じました。そうか、やはり毎日同じように暑い暑いと繰り返し言ってはいても、いつの間にか自分を取り巻く自然は静かに、しかし確実に変化してきているのだなあと思ってしまいます。そしてその風に乗って賑やかな音楽と踊る人たちの力強い気配が伝わってきました。そうなのです明日から「ど祭り」の本番なのですね。それで今日はその前夜祭なのですね。祭りに集まる人たちの体からほとばしり出るエネルギーを見ていると、これだけのエネルギーが作り出せる日本、また日本人はまだまだこれから頑張っていけるなあ日本はまだまだ沈没しないぞと感じざるを得ませんでした。なんだかこちらにも気のお裾分けがもらえたような気がしました。様々な規制や法律に縛られて他人の目というものにも束縛されて、自由奔放に振る舞うことは日頃できない毎日の生活を送る人たちの非日常の一時、自分がすっかり忘れてしまっていた若い頃のもてあましていたエネルギーを思い出しました。本当にこういうエネルギーを発散できるような場所を持っている人は、きっと日頃は穏やかな日々を送っているのだろうなあ思わざるを得ません。最近いじめによる自殺だとか傷害事件が次から次へと紙面を賑わす残念な報道がつづいていますが、ああいういじめをする子供も家庭内などで自分の心に満たされないものを秘めていて、その満たされない心が他人を認めてつきあえる気持ちのゆとりをなくすのでしょうね。それでその満たされない気持ちを自分より弱いものを傷つけることで紛らわそうとしているよに思えます。いっそそういう子供たちを集めてど祭りで踊らせてみたらいかがなものでしょうか。処暑を過ぎて暑さとともにこういう悲しい事件も消えていくことを望まざるを得ません。

投稿者: いくたウィメンズクリニック

2012.08.13更新

ペルセウス流星群のショーを見ようと夜空を見上げているのですが、雲が出てきてなかなか流れ星を見つけることができません。街中の明かりもあるのでかなり大きな宇宙塵が落ちてきて明るく輝かないと見えないことは確かですが。東の空の下の方に赤く輝く眉月が浮かんでいます。こういう夜にただ空を見上げているときにはバックグラウンドミュージックはJet Streamがいいですね。ミスターロンリーの音楽を背景に城達也さんのナレーションの入る懐かしい音です。といってもわかるのは私と同じくらいの年代の人くらいになってしまっているでしょうが。小1時間も眺めていたのですが雲が厚くなるばかりで、その間に8月はいろいろな毎年のニュースがあるなあ,原爆の日、終戦記念日、御巣鷹山の航空機墜落の追悼登山のニュースなど、どちらかというとあまり明るいとはいえないいろいろな出来事のニュースが流れますが、今年はオリンピックの開催年ということもあってオリンピックのニュースがテレビを埋め尽くしているなあなどと考えていました。例年だと父の誕生日が8月なので、今年はどこへ誕生祝いの食事に連れて行こうかと考えるのですが、今年の1月に突然鬼籍に入ることになってしまったため,8月の我が家の行事が無くなってしまいました。毎年この時期が来ると来年も誕生祝いができるかなと心の中で思っていたりしたのですが、実際にできなくなると何となく心の張りが無くなってしまいますね。生涯一人の医師として自分の生を全うするまで患者さんと向き合っていたと言うことを考えると頭の下がる思いで、自分の今までの人生でしてきたことを考えて結局医師として父には敵わないんだなあと思ってしまいます。おっ、こんなことを書いていたら雲が少し消えてきています。もう少し夜空を眺めてみましょうか。

投稿者: いくたウィメンズクリニック

2012.08.11更新

そろそろ、夏の夜空を彩るペルセウス流星群のみられる時期になりましたね。12日の夜がピークになるそうですが、天候が崩れそうな気配でちょっと心配です。夏や冬の夜空は見上げていても飽きない豪華さです。夏は白鳥座のデネブ、わし座のアルタイル(彦星)、こと座のベガ(織り姫)この間を流れる天の川。もっとも名古屋の夜空ではとても天の川はよくわかりませんけれど。山の中に入って空気が澄んでいる新月の夜などは本当に空から落ちてくるような錯覚さえ覚えます。子供の頃に実家の鳳来寺で空を見上げてあまりの星の多さに怖くなるほど驚いたのを今でも覚えています。その子供の頃の体験以来あの今にも降ってきそうな星空を見る機会がなかったので、もう20年以上前になりますが、モロッコのマラケシュで国際学会があったときにわざわざ大口径の双眼鏡を持って行って夜空を見上げてみたことがありました。しかしそれほど感動するような夜空でなくて天の川がわかるという程度で、これなら日本の中でも見られる程度だなあとがっかりしたのを覚えています。夜空を見上げていると何となく心が落ち着くものですね。この流星ショーは言い換えれば、いろいろな種族の人間が地球という宇宙船に乗って宇宙を旅する間に、塵が溜まっている場所を通り過ぎるときに塵が大気圏に入って燃え尽きるときの現象でしかないのですよね。しかしそうであるから、尚更地球という宇宙船を大事にして乗客である人間がみんな仲良く手を取り合って幸せな将来のためにと進んでいかないといけないのだと思うのです。そんなことを考えると一人でも多くの方に人類の将来を託せる後継者を育ててもらえるようになお一層がんばらねばと、少々疲れてしまって気持ちが萎えそうになっているときには思い直すことができます。今年もできる限り夜空を眺め、流星を見つけて一人でも多くの方が妊娠出産ができますようにと願いをかけなけれは。神頼みかと言われそうですが、私は人事を尽くして天命を待つという言葉にもあるようにできる限りのことをしても最後は神の存在する部分があると思っているのです。物事がうまくいかなかったら自分のなすべきことが足りなかったから、うまくいけばそれは自分のなすべきことがまあまあできただけ、足りないところに神の手助けがあってできたことで、神様に感謝なんですよね。自分が何とかしてあげたとか言うような思いあがりは可笑しとおもうのです。他の人の喜びに参加させてもらっただけというのが正しいのではないでしょうか。さあて、夜空でも見に行きましょう、ついでにちょっと個人的なささやかなお願いもしようかな

投稿者: いくたウィメンズクリニック

  • 女性の体と機能に関するぺ一ジ
  • 女性の為の健康生活ガイド『ジネコ』
  • 当院取扱いサプリメント